横浜の激安のはんこ屋

16世紀からヨーロッパは小氷期となり、作物の出来は悪くなりました。さらに17世紀のヨーロッパは「戦争の世紀」でした(ヨーロッパで戦争がなかったのは100年の内4年間だったそうです)。特に30年戦争でドイツは荒廃し、人口は半減しました。ジャガイモがなければさらに多くの人が死んだでしょう。アイルランドでは別の要因でジャガイモが人を救います。イングランドの苛斂誅求によってアイルランド人はジャガイモしか食べることができない状態に追い込まれたのです(良い土地でできる年貢の小麦は全部イングランドに持って行かれました)。

それでもジャガイモによってアイルランドの人口はどんどん増えましたが、19世紀の「ジャガイモ疫病」によって飢饉が。この飢饉は「作物がない」からではありませんでした。ジャガイモはできなくなりましたが、小麦は豊富にできていたのです。しかしそれはアイルランド人の口には入りませんでした。そのため、アイルランド人は、餓死するか、アメリカに移住するか、を選択しなければならなくなります。飢饉は社会が作ったのです。

実印は大切に

千葉の外房、岩和田という漁師町が著者の祖父の故郷ですが、そこは紀州からきた兄弟が開いた町だそうです。時期は、メキシコの「ドン・ロドリゴ」より前。
慶長四年(1609)、岩和田の浜で南蛮船サン・フランシスコ号が難破しました。生き残ったうちの一人がドン・ロドリゴ。フィリピンの臨時総督で任期が終えて前任地のメキシコに帰る途中でした。村人は遭難者たちを温かく迎えました。しかし、300人の村に300人の遭難者ですから、貧しい村には文化的にも経済的にも相当な負担だったでしょうけれど。「故郷」はずいぶん「歴史」を持っています。

そして舞台は五反田へ。著者の祖父は13歳で上京し、白金の町工場に勤めました。やがて独立して五反田へ。その家には、岩和田から多くの人が訪れ、「漁師」の人脈と「工場」の人脈とがクロスする場となりました。祖父はなぜ五反田を選択したか。そこに岩和田の人たちが多くいたからです。そして五反田が著者の「故郷」になります。そこで著者は印象的な言葉を残します。「人は故郷を選ぶことができない。しかし故郷とは誰かが選んだものである。」と。

はんこ屋さんの豆知識

駿河湾は、海辺からちょっと出たらすぐに深海になる、という知識は持っていましたが、そういった地勢(海勢?)を活かして深海水族館がある、というのは本書で初めて知りました。しかし「深海生物」を飼育・展示する、というのは、とんでもなく難しいことのように素人は思います(だからこそ「世界に一つだけ」なんでしょうが)。

もともとは沼津の町おこしのために、観光客だけではなくて地元民も集まるレストラン街の「沼津港八十三番地」という施設と水族館を作る構想だったそうです。ところがリーマンショックで構想は頓挫、やっと再開したら東日本大震災で「津波が恐い」と出店拒否が相次いで…… やっとオープンしても「深海魚のメニュー」に最初は「深海魚」というだけで拒否感が強かったそうです。だけど、「深海魚」であるアンコウは高級魚でしょ?

ちなみに「深海」の定義は「水深200mより深い海」で、地球の海洋面積の80%を占めています。水深200mを越えると、人の目では色の判別ができなくなり、400mを越えると何も見えなくなります。ただ1000mくらいまではかすかな光が届いていて、深海生物はその光も活用して生きています。深海魚はけっこう派手な色使いのものが多いのですが、微弱な光環境ではその方が生き残りやすい、ということなんでしょうね。形は正直言ってグロテスクなものが多いです。本書には各種魚の写真がたくさんありますが、ページをめくるたびに「うげ」と言いたくなります。だけどこれはたぶん「見慣れていないこと」が大きな要素でしょう。深海魚ではない魚でもけっこうグロな形のものはいますが、魚屋で私は(見慣れていて味も知っているから)「美味そう」と見ますもん。

はんこ屋さんの印鑑の種類

普段から使うソフトで、普段から業務で使う機能なら使えるでしょう。
それが仕事で必要なスキルであるのならば、その部署に配属した人に少なくとも1回はOJTするなり、マニュアルを渡せる仕組みを作るのが上の人の役割なんだろうと思いました。

ワタシは高校でも大学でもパワーポイントを使う機会がありませんでした。授業もないし、ゼミでも使わなかったし。
でも、ホームページをタグで作ることできます。ブラインドタッチは打鍵数ローマ字入力で1分間300は打てます。(高校の時は360いけたけど)
記事の分類でいけば、ワタシはパソコンが使えない若者と同等レベルに分類されるでしょうね。
けど、1日あればパワーポイントの相当の機能を覚えることはできる自信はあります。1時間あれば簡単なものは作れるようになるでしょう。でも、今の仕事/生活に必要ないので覚える優先順位はかなり低いです。

この記事のような、一面的な捉え方しかできない、上から目線の見方嫌いです。
特定のソフトが使えることを自慢する前に、人差し指でキーボードを凝視しながら連打するどこぞの拳法を直したほうがいいんじゃないの?(笑)

つくば市で激安印鑑作成

LIGO(レーザー干渉計重力波観測所)は、1916年にアルベルト・アインシュタインが存在を提唱した重力波の検出と検証を行う為に造られた大規模な物理学実験施設です。

日本名とするなら、「レーザー干渉計重力波観測所」と呼びます。

研究は1992年にマサチューセッツ工科大学のライナー・ウェイス、カリフォルニア工科大学のキップ・ソーンとロナルド・ドレーバーが共同設立し、両校や他の大学機関なども参加する科学者による共同研究事業です。

研究計画と重力波天文学のデータの分析にかかわる研究者はLIGO科学コラボレーションという組織を作っており、世界1000人を超える科学者が参加していまする。

LIGOはドイツマックス・プランク研究所、英国科学技術施設研究会議、オーストラリア研究会議の大きな寄与を受けてアメリカ国立科学財団(NSF)に設立されました。

2015年9月、5年間で2億ドルをかけた改良を行い、総額6億2000万ドルをかけた世界最大の重力波施設が完成したのです。

LIGOはアメリカ国立科学財団(NSF)が設立したCERN等のカトリック教会に対抗した最大かつ最も野心的なプロテスタントやユダヤ教勢力の計画です。

2016年2月11日、LIGO科学コラボレーション及びVirgoコラボレーションは、2015年9月14日9時51分(UTC)に重力波を検出したと発表しました。

江東区のはんこ屋さんはどこがおすすめ?

某国大統領が色々やらかしていたり、某国が国家間の約束を平気で破ったりしているらしいけど、よく考えたら国と国との協約や条約ってそういうものなのかもしれない。むしろ守られる方が珍しいとすら言える。実際、どんな条約や同盟でもいつかは破られるわけだから。

戦争はどっちかが条約を破ることで発生する。そこまでいかなくても国家としての借金を踏み倒すことなんか珍しくもない。で、そうしたからといってその国が村八分になるとかはない。そのリスクは織り込み済みだ。

債務不履行宣言という言葉を聞いたのは高校時代だったか。某国が外国から借金した上で「返せないからよろしく」と開き直ったのだ。それは今でもやっている。EUなんかでは日常茶飯事らしい。

借金の棒引きはいつものことで、なぜならば国がやらないと言っていることをやらせるのは事実上不可能だからだ。出来ないと言った方がいいか。実際にはどうにでもなりそうなんだけどね。

昔は借金の形に領土を取られたりしていたけど、今はもう無理だ。それだけ人民が力を持ったわけで、王様の所有物じゃなくなったのだ。昔の土地はそこに住んでいる人を含めて支配者の所有物だったからな。

宇治市の印鑑屋

モータースポーツであろうが一般的なスポーツであろうが、ライヴであろうが
各種レジャーだろうが、そこに需要があることで、伴う産業や関連業界らが
世の中を構成する要素の一つとして自ずと機能している・・・
という大前提をすっ飛ばしちゃならないわけだが、広範な社会の実状を前にした
想像力の欠片もない、「狭い家中での空想の世界」でしか生きていない者にとっては、
もはや大前提すらも考える、思い浮かべる能力がない、ってことだろう。

種々あらゆる分野が社会を構成し、各々潤沢に機能させる一つに「安全・快適性」は
欠かせない要素といってよい。世の中の変化や伴う技術的な進化を鑑みつつ、
あらゆる面での向上を図る・・というのは当たり前なこと。

その過程で不幸な出来事や事故が起こった場合、苦い経験値を活かすことにより、
更なる安全性と快適性を生み出す。もしもその時点で断念、または取りやめたとするなら、
技術革新も何も生まれず、安全性と快適性はおよそ広い分野で歩みを止める。
航空機も自動車も、家電製品も日用品も全てその歩みの中に今がある。

翻って、こうした娯楽の世界はどうか・・。
娯楽分野は人間が実生活を送る上で、絶対的な必需項目にない・・
という解釈に至るケースが時折観られるし、それはあながち間違いとは言えない。

実印の作成日数

漠然と、利用者(ファン)だけで観るなら、近隣だったり所要時間の短縮だったりという
利便性を主体に利点を前提として歓迎する向き、その逆もまたあるわけですが・・
先ず以って、数少ない情報しかなく、おまけに構想の中身が全く見えない状態では
判断し難いですが、正直成功の可能性は現状「低い」「厳しい」と思いますね。

北海道の場合、商圏構造が他府県と比べて特殊・・というより極めて歪で、
広大な面積の割にバランスが悪く、まさに「一極集中状態」にあります。
言うまでもなく「札幌市」に寄り過ぎている。

しかもその札幌市、更にその中で一極集中にあり、JR札幌駅~大通り周辺~すすきの界隈・・
この狭い範囲に商圏の大半が凝縮、その他地下鉄沿線上にごく限られた商圏が僅かに点在、
全体的には「居住圏」が覆っているような状態です。
東京や大阪のように、各々の地域で繁栄し、四方八方に伸びている状態ではない・・

なので、他府県のような距離感覚は、札幌では全くといっていいほど当て嵌らず、
中心部から僅か地下鉄で10数分の距離でさえ「遠い」とされてしまう・・
そんな感覚の中で、隣街に位置する北広島市は、僅かの距離にあるにもかかわらず
俄然「遠い距離」としてみなされてしまうという。

調布の印鑑屋

雪に慣れていない地域ではどうしようもない面も一定程度はあるだろうが、
過去に幾度もこうしたケースはあっただろうことを考えるに、
なぜこうも同じことを繰り返してしまうのかは、ひとえに
「車が生活インフラとして絶対的な位置づけにある」ことが潜在的にあるわけだけども。

但し、北国のように「およそ半年ほど雪と共存する地域」ではない場合、
雪に不慣れな状況を鑑みる時、「運転を見送る決断」がどうして取れないのか・・。

当然、運送関連などの「営業車両」は時として稼働せねばならないことはあるため、
全てが全て取りやめることは困難だが、それ以外の一般車両についてはある程度回避可能で、
何よりも「事前に予報が出されている」ことに他ならず。

これを夏場に置き換えるなら『大型台風の予報進路が出されている』にもかかわらず、
その地域にて平然とレジャーや私用で移動するのと同類なのであり。
各々の内容毎にも異なるが、こうなると場合によっては天災ではなく「人災」とも言えて来る。

こちら北海道と違い、本州での降雪は概ね水分を含んだ「重たい雪」であることが多く、
その状態での降雪&積雪の場合、運転操作における難しさは別途考えられる。
また、およそ「真上から」多く降り続く状態と、風を伴った「縦横無尽に吹き荒れる」
猛吹雪の場合とでも、運転操作と警戒事項は異なる。

印鑑を揃えたい

地震や各種災害も同様だが、日本人はこれだけ豊富な自然災害と対峙し、
かつ毎度のように反省材料や教訓材料が生まれるにもかかわらず、
活かしたり身体に覚えさせることがこれほどまでに不得意・・という実態。
一言で言えば『他人事体質』ってところか。だから我が身にふりかかってから
初めて困惑し騒ぎ出すという・・。

~◯北海道の都市部の場合~

雪国の北海道。じゃあこちらは万全なのかといえば、厳密には決してそうじゃない。
基本的に、降雪時の優先順位その他は記事とほぼ同じ。
また除排雪の態勢は、機材や設備・人員含めて当然ながら非雪国の比ではないものの、
人口が多く、生活道路その他が地方より手狭な要件にある札幌市、
地方の拠点都市辺りになると、どうしたってスピーディーに、かつ万度に住民の希望を満たす
除排雪になっているかといえばその限りでもない。

とりわけ都市圏である札幌市と周辺は、道路の総距離に対してすべからず潤沢に
除排雪が行き届くには至っておらず、恒久的に続いている地方行政事情の逼迫、
景気経済の低迷化もあって、強化には中々届かないのが現状だ。

特に、各地域ブロックごとや道路の管理基準ごとに分けられ、
民間の建設業者へ委託する態勢が多く敷かれている現状にあって、
土木関係界隈も相当厳しくなっている中、近年は除排雪の機材数や
排雪時のダンプ数が年々減って来ており、伴って従事する人員も少なくなっている。